会社設立だけじゃない!?税理士事務所の就職を簡単にするには?

税理士事務所に縁のあるひとって実は結構多いはずです。
会社の経理や会社設立した人などは税理士と仕事をする機会も多いはずです。
会社設立の際の税理士事務所選びの参考には「会社設立準備のいろは

しかし税理士事務所の就職は大変です。
税理士事務所の就職についておすすめの方法を伝授します。

地元の税理士会に連絡

地元の会計事務所を探すなら、地元の税理士会に連絡すると早いです。
履歴書を持ってきて下さいと言われ、そこに登録されている税理士事務所に、このような人が事務所を探していますとFAXされ、いくつかの事務所から問い合わせがあり、就職を斡旋してくれます。
ただ、地元の小さな会計事務所だと、そこの所長以上の実力の人と出会える機会が少なく、また、そこの事務所に勤めているうちは、その所長を超えて成長することは難しくなります。

私は、地元の会計事務所、3つ程経験し、この所長が開業しやっていけているのであれば、自分一人でもやっていけると思い開業を目指したこともあります。
でも、また別の機会があり、大手の会計事務所に就職をすることになり、小規模の会計事務所とはまったく違うということを目の当たりにしました。

大手の会計事務所は、その高い付加価値を提供するために、勉強、研修も多く、それ以上に一人一人が自己研鑽に勤めているため、個人、組織ともに、日々成長していきます。上には上がいるため、高みを目指せばどこまでも成長し続けることができます。

その分、自分にかかる負荷、忙しさは、地元の会計事務所に比べ、大手の会計事務所のが3倍とも5倍とも、10倍とも思うくらいの大変さがあります。
人生ほどほどに、人並みに稼いで平凡な毎日をすごすのであれば地元の会計事務所でのんびり働くという選択肢があります。
人の3倍働いて人の3倍稼ぎたい!キャリアを積みたい!というのであれば、大手の会計事務所への就職がお薦めです。

自分にあった会計事務所とは?

どちらが良くてどちらが悪いというものではありません。自分の性格、今の生活、家庭環境、さまざまな要因を考慮して、自分にはどのような働き方が最適か、どのように生きていきたいかを考慮して、どちらの会計事務所に行くかをまずは決めるのがいいと思います。