自由が丘の駅前の金買取ショップを見てふと思ったこと。

この間、自由が丘の駅前で金や貴金属の買取のお店の看板を見てふと「金ってなんで価値があるんだろう」と考えてしまいました。
1グラムで何千円もするなんてとんでもない価値ですよね。
テレビとかでお金持ちの人が金の延べ棒なんか持っていたりするイメージがあるんですが、いくらくらいするんだろうって。

参考サイト:自由が丘の金買取店

気になってしょうがないので調べてみました。

金が価値がある理由というのはやはりそれほど地球上にはない希少性からとのこと。
いままでの人類の歴史で発掘したすべての金の量というのは50mプールで3杯分しかないんだそうです。
地球にはまだ金は眠っていると見られていますが、その量というのもそれほど多くないと見られているとか。
確かに、それだけ珍しいものであれば価値もありますよね。
金の延べ棒を持っている人はやっぱりお金持ち!ということに気付かされた日でした。